後縦靭帯骨化症や脳動脈奇形を救うNK療法という奇跡

背骨に起こる

オペ

背骨に起こる病気として挙げられるのが、後縦靭帯骨化症という病気です。背骨の歪みによって神経が圧迫されるとそこが骨化してしまい、神経に異常をきたしてしまいます。原因不明で治療も難しい難病として指定されています。

この記事の続きを読む

脳出血のリスク

注射の準備

運動や思考の機能を司る脳ですが、ここには血管が縦横無尽に張り巡らされています。動脈と静脈は基本的に分かれてしまいますが、これが繋がってしまうという脳動静脈奇形という病気も起こってしまう人がいます。

この記事の続きを読む


自然の流れを活かす

ケア

後縦靱帯骨化症でお悩みの方は専門医にしっかりと診てもらうことが大切です。病院選びの参考にこちらのサイトがオススメですよ。

NK療法という治療法は、現在第四の治療法として注目されている、体のサイクルを知ることで提案できる治療方法です。元来、人間の体は細胞分裂によって正常な状態に維持されています。この点に注目して、正常な状態に維持するための免疫という部分を活かすのがNK両方の特徴です。
体のサイクルを知ることで、自然の流れを活かす治療方法を提供できるようにしたことで、例えば脳動脈奇形を治療する上でも新たな選択肢を提案できるようになりました。このような技術や知識の進歩は、後縦靭帯骨化症のような難しい問題も解決できるようにしてくれています。
専門医の提案できる方法に耳を傾けて、不安なことは学んだり質問したりして知識として取り入れて、自分がどのような治療を受けられるのか学びつつ、問題を解決する方法を探すのが大切です。

後縦靭帯骨化症のような、自分の生活において習慣が原因となるタイプの問題も多々あります。ですから、様々な病気がありますが、まずは学んでいくことは何事においても大切です。学べばわかる対策があるため、その問題を解決するためには欠かせません。
自然治癒するかどうかについて学ぶのも大切で、自然の流れを活かすべきかどうか、それとも外的に何かしらの施策を行うべきか、迷いが生まれたなら学んだ知識と合わせて医師に相談をすると良いです。
どこに相談すれば良いかも知識ゼロでは判別できないだけに、自身の学習を深めるのは病と共存して乗り越えるために必須です。


ウィルスを破壊する

ドラッグ

人間の体は常に細胞が死んだり生まれたりを繰り返していますが、これがうまく行かなくなった時にガン化することもあります。免疫治療や切除治療などもありますが、NK療法といった、腫瘍やウイルスの治療で効果的なものもあります。

この記事の続きを読む


オススメリンク