後縦靭帯骨化症や脳動脈奇形を救うNK療法という奇跡

ウィルスを破壊する

ドラッグ

癌や腫瘍を撃退する代表的な方法に、3大療法があります。一つ目は、摘出手術による施術です。転移した場所により全てを取り除くことができない場合や、高齢のために手術療法に耐えられる体力がない場合もあります。二つ目に、抗がん剤治療があります。副作用に左右され、治療以上に副作用による弊害の問題があります。三つ目に、放射線治療があります。開腹することなくピンポイントで照射するために、他の内臓器官が傷まないだけでなく、高齢者の体力も考慮した施術ではありますが、完治という点では難しいものがあります。そこで、第四の治療法に免疫治療が注目されています。中でもNK療法は効果が期待でき、あらゆる世代に使用できる免疫療法といえます。

NK療法は、生体防御機能があるNK細胞が腫瘍やウィルス感染細胞に効果的といわれています。NK細胞はウィルスを破壊するリンパ球で、幼少期や成人期では体内にたくさんありますが、高齢になるとその数量が減少します。高齢になると、癌などの感染が高まることから、培養したNK細胞を体内に通常の数倍の量を投与します。まずは患者の血液を採取し、培養活性化させます。高純度のNK細胞が培養できると、患者の体内へ戻します。NK療法はこのリンパ球を増加させる事で低下した免疫力を高め、ウィルスを排除する療法です。抗癌治療や放射線治療でカバーできなかったところをこのNK療法と並行して施すことで、効果が格段に上がります。3か月で6回ほどの治療を行い、その成果を確認します。保険外診療ではありますがその成果に期待したいものです。